teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


PIC16F1827書込み用

 投稿者:ユーザー  投稿日:2011年10月15日(土)19時48分16秒
  WriterCheckerやDen2ProgV2.2は
WindowsMe非対応ですか。
シリアルポートの端子のH,Lのレベルが変化しません。
PICProg4UやWinPicでは正常に動くのですが。

 
 

お大事に

 投稿者:一ふぁんより  投稿日:2011年10月 3日(月)20時40分48秒
  漸く昔の記憶を頼りにここに辿り着いたのですが~残念に思います。
 一日も早く体調改善されること(復活)をお祈りしています。
 くれぐれもお体大切になさって下さい。
 

>購入

 投稿者:FENG3  投稿日:2011年10月 3日(月)08時33分46秒
  たいへん申し訳ありません。

体調不良のため、販売は休止しております。

再開時期は未定です。

http://feng3.nobody.jp/

 

購入

 投稿者:一ふぁんより  投稿日:2011年10月 2日(日)00時57分45秒
  初めましてPIC初心者です宜しくお願いします。

PIC Writer 509(FENG3改その7)⇒USB ミニBに変更された。

このキットは現在、購入できますでしょうか?
 

(無題)

 投稿者:ツボック  投稿日:2011年 9月29日(木)20時42分29秒
  こんばんは、ツボックです。
FENG3さん、早速答えていただきありがとうございました。
早速見に行きましたが部品配置などが難しく感じました。
やはり、素人では無理ですね。

はっきりとした目的意識(これをやる為に作る必要がある)が無い限り
無理ですね。テンション下がりまくりました。

 

(無題)

 投稿者:FENG3  投稿日:2011年 9月27日(火)07時19分45秒
  8000円程度なので、自作するより買ったほうがいいかも…。

TOP2500 そのものではありませんが、回路図はフランス語のサイトにリンク集があります。
下記のキーワードでインターネット検索してみてください。

Circuits Memoires Programmateurs d'Eproms

http://feng3.nobody.jp/

 

(無題)

 投稿者:ツボック  投稿日:2011年 9月26日(月)20時20分3秒
  こんばんは、ツボックです。
PICの書き込みは、組み立てた物で出来ますが
FLASHROMの書き込みは、TOP2005でやるつもりです。

もし、自作するとなると参考になる所はありませんか。

 

>16Fシリーズ新ファミリー

 投稿者:FENG3  投稿日:2011年 9月26日(月)08時38分32秒
  拡張PIC12F/16F シリーズは、低価格・高機能ですが、初期ロットはチップのバグが
多いので、要注意です。

PICProg4U は、PICの実機でデバッグ中ですが、なにしろ数が多いので、大きな改良を
加えようとすると、実機でのテストをやり直すので、どうしても多くの時間と労力が
必要になります。

現在取り組んでいるのは、64ビット版Windows でも動くように、Writer509の制御に
SerialPortクラスを使用するようにしたのですが、SerialPortクラスにはある重大な
問題(ある条件のもとでシステムがハングアップする)があって、その回避方法を模索
することです。

そういうわけですので、次期バージョンはほぼ完成ですが、公開については、気長に
お待ちください。

http://feng3.nobody.jp/

 

16Fシリーズ新ファミリー

 投稿者:はじめまして  投稿日:2011年 9月25日(日)12時50分0秒
  今プログラマーはWriter509を使ってます。
特に12F1822では80円と安い割に32MHZとスピードが払いので使ってみたいと思いました。
PICProg4Uの次期バージョンにきたいしています!!
 

>ミニPICプログラマ2完成

 投稿者:FENG3  投稿日:2011年 9月12日(月)09時07分40秒
  ツボック さん、お久しぶりです。

PICProg4Uの次期バージョンでは、アダプタをつけることで、ミニPICプログラマ2
(Writer509) でPIC12F1822やPIC16F15XX/18XX/19XX にも書き込めるようになる
予定です。

アダプタは自作可能で、ライタのVpp→4.7kΩ→9Vツェナーダイオード→PICのVpp/MCLR
                          ↓
                           GND

抵抗とツェナダイオードを付加するだけです。



http://feng3.nobody.jp/

 

ミニPICプログラマ2完成

 投稿者:ツボック  投稿日:2011年 9月10日(土)21時09分47秒
  本日、やっと完成しました。
長い間、放置していて無事組み立てが出来るか心配していましたが
何事も無く3時間で完成しました。
ソフトは、PICProg4Uでバージョンは2.3.0.0です。
ちなみに、書き込んだPICはPIC18F-2455-I/SPです。
 

PICProg4Uの改良

 投稿者:FENG3  投稿日:2011年 8月 3日(水)10時54分25秒
  現在、PICProg4Uを改良中です。

主な改良点は、

・メモリを節約するための、デバイスデータベースのXMLファイル化
・多言語対応の復活
・シリアルポートクラスの一部採用
・新機種への対応

などです。

デバイスデータベースのXML化では、16進文字列の数値への変換につかっているVal関数に
欠陥?があるようで、ある特定の16進文字が先頭にくると負数に変換される数値があった
ので、すべての表記を16進数から10進数に書き換えることになりました。

多言語対応は、PICProg4Uの古いバージョンでは翻訳機能を内蔵していたのですが、
.NET Framework がバージョン2.0になってからこの機能がうまく働かなくなったので、
その後は多言語対応を中止していたものです。

今回、チェコ語対応の要望が寄せられたのを契機に、再度挑戦することにしました。

現在、500個以上あるコントロールのテキストとフォント、1000個以上
あるコンフィギュレーション・ビット機能とビットグループ名の多言語対応を完了し、
ひきつづきエラーなどのメッセージの多言語対応の作業をすすめています。

シリアルポートクラスは、64ビット版WindowsでWriter509の制御がうまくできないため
採用したものです。JDMプログラマやRCDライタはシリアルポートクラスでは制御できない
ため、従来どおり、Win32APIを使用しています。ただし、64ビット版WindowsでJDM
プログラマやRCDライタが正常に動作するかは未検証です。

新機種への対応はほぼ完了しましたが、デバイスが入手できていない等の理由で
動作テストが残っています。

そして、これらの改良がいつ終わるかは、「未定」です。体調しだいです。

http://feng3.nobody.jp/

 

re: MCRL端子の消費電流

 投稿者:マツモト  投稿日:2011年 5月16日(月)16時42分41秒
  お世話になります。
抵抗2Kオーム+ZD(8.2V)+ シリコンDi と調整したところ、
無負荷:8.79V
1.6mAの負荷:8.63V
となったのでこれで製作しました。
他の抵抗値では、変動が大きかったり、元のVppの電圧が低下したりで具合が良くありませんでした。(Vpp発生回路が非力)
他の端子は、マイコンが3.3V駆動OKなので、変更なしです。
PIC18F14K5は、これから入手します。
ためしに12F683で試したら、このVpp電圧(8.6V程度)で書き込み出来てしまいました。
 

>MCRL端子の消費電流

 投稿者:FENG3  投稿日:2011年 5月15日(日)12時09分46秒
  MCLR/VPP/RA3端子は入力専用です。

書き込みに必要な電流は、最大で5mAですが、おそらく1mA以下でだいじょうぶです。
0.1mAだとしんどいかもしれません。

必要なのは電圧です。入力電圧を参照することによって、MCLRリセットのオンオフ、
プログラミングモードを判別します。

なお、PGD、PGC端子は3.3V(0.8Vdd~3.6V)の範囲内ですので、抵抗分圧またはレベル
シフタで変換します。

http://feng3.nobody.jp/

 

MCRL端子の消費電流

 投稿者:マツモト  投稿日:2011年 5月15日(日)10時14分54秒
  PIC18F14K50の書き込み準備で、Writer509のVppを8~9Vに変換(抵抗とZDで)する基板を作り実験(負荷試験)しています。 余り電流は、流せません(Vpp電圧低下)。
MCRL端子は、書き込み時にどれほどの電流が流れ込むのでしょうか?
およその値でかまいません。 
 

サイト移転について

 投稿者:FENG3  投稿日:2011年 5月 5日(木)13時28分12秒
編集済
  新サイトへ移行

現在のサイトは運営会社の都合により有料のサービスが終了し、来年5月21日をもって
閉鎖されます。

現在の「FENG3のホームページ」は、来年3月15日で契約期間が終了します。

「FENG3のホームページ」の新しい、移転先のサイトは、

http://feng3.nobody.jp/

となります。

よろしくお願いいたします。

なお、無料サイトですので、文字リンクの広告が表示されます。

http://feng3.nobody.jp/

 

ありがとうございます。

 投稿者:こばやしメール  投稿日:2011年 5月 1日(日)07時29分29秒
  素早く、分かりやすい説明ありがとうございます。
当方は東京なので早速部品調達してきます。
またよろしくお願い致します。
 

>PICProgrammer5での質問です。

 投稿者:FENG3  投稿日:2011年 4月30日(土)12時22分3秒
  PIC16F84A のプログラミングに必要なのは、Vdd、Vss、MCLR/Vpp、RB6、RB7の5つの
ピンだけです。OSC1/CLKIN、OSC2/CLKOUT ピンはプログラミング時は使用しません。

Vdd、Vss ピンに電源を供給して、MCLR/Vpp に13Vを加えると、PIC16F84Aはプログラミング
モードになり、システムはアイドル状態になって、以降はPIC16F84Aに組み込まれたステート
マシンがプログラミングを制御します。

必要なクロックは、RB6にPICライタから供給します。

プログラミングは、PICライタからRB6とRB7を通じてステートマシンにクロックと
データ信号を送ることによって、実行されます。

>PIC16F84Aは内部クロックが必要との事ですが書き込みの時は

PIC16F84Aはクロックを内蔵していませんので、PICに書き込んだプログラムを実行する
ときは、セラロックやクリスタル、外部クロックなどが必要です。
 

PICProgrammer5での質問です。

 投稿者:kobaメール  投稿日:2011年 4月30日(土)09時35分22秒
  初歩的な質問で申し訳ございません。
PICProgrammer5を作成を検討しております。
そこでPIC18F84Aも書き込も出来るとのことですが
PIC16F84Aは内部クロックが必要との事ですが書き込みの時は
必要ないのでしょか?
今、部品を揃えている所ですので質問しました。
 

>PICProg4UのW509プロトコルについて

 投稿者:松田工作  投稿日:2011年 3月18日(金)22時35分1秒
  またまた早速にご検討頂きありがとうございます。

最初の投稿で、きちんと詳しく書いておけばよかったですね。
お手間を取らせてしまってすみませんでした。

>2バイト目はオリジナルのアセンブラのファームウェアでは破棄されるので不要です。

そうなんです。オリジナルでは、1バイト受信した時点でEEPROM読み取りの処理に移ってしまい、2バイト目は無視してしまうので、問題なく通信できるのです。
ですが、私のUSB CDCを使ったファームでは、EEPROM読み取り処理中に送られてきた2バイト目も、きちんとバッファに残しておいてくれてしまうので、通信エラーが発生してしまうのです。

次期バージョンまでは、PICProg4U対応ファームを別途用意しておくことにします。

次期バージョンでは拡張PIC16にも対応していただけるようなので、楽しみにしています。

http://matsutakousaku.blogspot.com/

 

レンタル掲示板
/54