teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


PICProg4U 2.2.2

 投稿者:FENG3  投稿日:2009年12月11日(金)12時22分57秒
  PICProg4U バージョン 2.2.2 を公開しました。

バージョン2.2.0を公開してからもさまざまな条件でデバッグ作業を継続していたのですが、
緊急に改善すべき個所がバージョン2.2.0でみつかったので、修正した更新版をアップ
ロードしました。

書き込みエラーの問題が起きる条件は、2ワード、4ワード、8ワードごとにまとめて
書き込むプログラムサイクルを採用している機種で、ビットを変更しないワードが
それぞれのまとめて書き込むワード数そろっていて虫食い状態にあった場合、
パソコン側のバッファのアドレスがインクリメントされないというミスで、直前の
データがメモリのつぎの書き込むべきアドレスに書き込まれるというものです。
 
 

PICProg4U 2.2.0

 投稿者:FENG3  投稿日:2009年12月11日(金)04時06分1秒
  PICProg4U バージョン 2.2.0 を公開しました。

PIC16F877Aのコンフィギュレーションワードの書き込みの不具合のほか、累積していた
多数のバグをつぶしました。

PIC24H、dsPIC33Fの型番「A」も対応デバイスに新規に追加しました。

PIC12F、PIC16Fなどの14ビットコアの機種で、書き込み速度を向上させました。
シリアルポート接続のライタでもその改善は実感できると思います。

なお、ユーザーIDの書き込みをメーカー推奨のビット数に限定したため、PICProg4Uで
正常に書き込まれていても、他のソフトではベリファイでエラーだと誤認されること
があります。
 

>再びエラー

 投稿者:FENG3  投稿日:2009年12月 9日(水)05時35分15秒
  不具合、確認しました。

新版移行のさいのプログラムサイクルの“仕分け”作業でミスがあったようです。

同様の書き込みエラーは、下記の機種で発生する可能性があります。

対象機種で不具合があるかどうかすべて点検しますので、バグフィックスした
更新版の提供には2、3日かかります。

PIC16F630, PIC16F631, PIC16F636, PIC16F639
PIC16F676, PIC16F677, PIC16F684, PIC16F685
PIC16F687, PIC16F688, PIC16F689, PIC16F690
PIC16F722, PIC16F723, PIC16F724, PIC16F726
PIC16F727, PIC16F785
PIC16F87X, PIC16F87XA, PIC16F88X
PIC16F91X, PIC16F946
 

再びエラー

 投稿者:MKE  投稿日:2009年12月 9日(水)00時07分10秒
  こんばんは。
PIC16F877Aのコンフィグワードが照合エラーになります。
既出のPIC16F54の件と同類でしょうか?
 

>照合エラーについて

 投稿者:FENG3  投稿日:2009年12月 6日(日)17時00分35秒
編集済
  よかったですね。

ゼロプレッシャーソケットも、長時間使用しないで放置しておくと、接点に空気中の
汚れが付着したり酸化したりして接触不良つまり書き込みエラーの原因になります。
他のコネクタ、ソケットなども同様です。ライターに限ったことではありませんが、
たとえばパソコンのLANコネクタとか、メモリーカードとか、機械的接点をもつ
機器を久しぶりに使ってうまく動かないときは、接点の手入れをしてみると改善す
ることがあります。
 

>>照合エラーについて

 投稿者:AMメール  投稿日:2009年12月 6日(日)15時42分3秒
  回答ありがとうございます。
ライターはきちんと動作するようになりました。
スイッチはVdd firstになっていたので、もしかしたら、
ZIPソケットがおかしいかもしれないと思い、PICを押しながら
書き込みをしたら、照合エラーも出なくなりました。
ほかはチェックしたんですが・・・
お騒がせしてすいません。
 

>照合エラーについて

 投稿者:FENG3  投稿日:2009年12月 6日(日)12時56分13秒
  スライドスイッチが「Vpp First」側になっていたら、「Vdd First」側に設定してください。  

照合エラーについて

 投稿者:AMメール  投稿日:2009年12月 6日(日)11時32分53秒
  こんにちは。
PICライタ5号機V2を製作したのですが、
PICProg4Uを使用してPIC16F84Aに書き込みをすると
10回中5回照合が失敗してしまい書き込めません。
エラーの内容は、「000Ch番地で照合のエラーがありました。正:307Ch、誤:3FFFh」というようなエラーが出て、いつも誤:3FFFhになります。
Writer Checkerを使用して電圧を測定したのですが
Vpp 11.0~12.5V
Vdd             4.25~5.00V
DATA            0~3.50V
CLOCK           0~4.50V
のような結果になりました。
何かアドバイスをよろしくお願いします。
 

PICProg4U 2.1.2

 投稿者:FENG3  投稿日:2009年12月 3日(木)18時34分42秒
編集済
  PICProg4U バージョン 2.1.2 を公開しました。

FTDIチップのドライバがインストールされていない環境でJDMプログラマやRCDライタを
使用した場合、PIC18F系列のデバイスで、データEEPROMの読み出しとコンフィギュレー
ションワードの書き込みで例外エラーが発生していた問題を修正しました。

※ FTDIのドライバは、いったんインストールすると以前のバージョンのように容易に
アンインストーラでアンインストールできないので、問題の確認に手間取りました。
 

re:FTLVP簡易版

 投稿者:浅間  投稿日:2009年10月25日(日)10時18分54秒
  ありがとうございました。
その他のPIC24Fでも、これに従えば何とかなりそうです。
PICProg4Uの「ヘルプ」便利ですね。
 

FTLVP簡易版

 投稿者:FENG3  投稿日:2009年10月24日(土)11時59分16秒
  PIC24FJ64GA002 のデータシートによれば、

Vddは3.3Vを供給するものとして、

Vdd→Vcc
GND→Vss
GND→DISVREG
GND→─||─Vcap/Vddcore (10uF程度のコンデンサ)
CLK→PGC1 or PGC2
DAT→PGD1 or PGD2
MCLR→MCLR
PGM→×

となります。

なお、PICProg4Uの「ヘルプ」→「使用方法」→「メインメニュー」→「デバイス」
で、目的とするデバイスのプログラミングに必要なピンの図説があります。
苦労してつくった説明書なので、こちらもぜひ活用してください。


DAT側の2.2kΩは、必須です。
 

FTLVPの簡易版

 投稿者:浅間  投稿日:2009年10月24日(土)11時01分50秒
  PICProg4U のユーザです。
自作のFT232RLがあるのでFTLVPの簡易版を作製しようと思います。
http://wind.ap.teacup.com/feng3/459.html
PGM、CLK、DAT とありますが、PIC24FJ64GA002に書き込む場合
DATは、使用しなくてもよいのでしょうか?
結線の説明は、どこかにあるのでしょうか?
 

re:pic18Fの書き込み

 投稿者:マツモト  投稿日:2009年10月11日(日)17時46分32秒
  よくわかりました。 ありがとうございます。  

>PIC18Fの書き込み

 投稿者:FENG3  投稿日:2009年10月11日(日)16時43分11秒
  Vpp(12V~13V)
 ↓
抵抗
 ↓
 |<|───GND 8.2V1本、なければ6.2Vと2.7V、3.3Vと5.1Vなど
 ↓        適当な値のツェナダイオード2本を組み合わせる。
MCLR・Vpp
 

RE:PIC18Fの書き込み

 投稿者:マツモト  投稿日:2009年10月11日(日)16時03分33秒
編集済
  ありがとうございます
ツェナダイオード場合、12Vから8Vにする場合、差分のツェナダイオードを間に使用するのでしょうか?
それとも 抵抗+8VのZD をアース間に接続し、レギュレーターのようにして8Vを取り出すのでしょうか?
 

>PIC18Fの書き込み

 投稿者:FENG3  投稿日:2009年10月11日(日)13時14分10秒
  Writer509のような高電圧書き込み専用のライタで PIV18FXXKXX に書き込むには、
Vppを8.0V~9.0に制限します。

Vppはツェナダイオードで降圧すればよいと思います。Vppに大きな電流は不要で
すので、抵抗分圧回路でもOKです。

PIV18FXXKXX には5V駆動可能な機種や3.3V駆動の機種、VUSB端子をもつ機種など
いろいろあります。

3.3V駆動の機種では、Vddにダイオードを3本直列に入れて5Vから降圧するのが
簡便な方法です。

3.3V駆動の機種では、CLOCK と DATA も3.3Vですから、抵抗で分圧してから
デバイスに供給するようにします。

他に専用のインターフェースICを使用したりと、方法はいろいろですが、
チープなライタではチープな方法がいいかと思います。
 

PIC18Fの書き込み

 投稿者:マツモト  投稿日:2009年10月11日(日)09時59分49秒
  PICProg4UをWriter509で使用しています。 昇圧回路はタイマーICの555を使用。
PICProg4U 2.1.0の説明で
>[PIC18FXXKXX / PIC18LFXXKXX]
>高電圧プログラミング(HVP)の場合は、Vppの電圧範囲は8.0V~9.0Vです。Vpp電圧が12V~13Vに固定されているプログラマを使用する場合は、アダプタなどで電圧を抑制してください。
とありました。
私のWriter509では12Vで数ミリの電流を取り出すことが出来ます。これを8.0V~9.0Vにするにはどうしたらようでしょうか?
実績ある方法を紹介していただけませんか?
私の知識では、
・ダイオードを直列にする。(流れる電流は?)
・抵抗で分圧する。
程度しか思いつきません。
 

PICProg4U 2.1.0

 投稿者:FENG3  投稿日:2009年10月 8日(木)01時05分24秒
  PICProg4U 2.1.0 を公開しました。

この間、PIC24やdsPICへの対応ばかりに時間を割いてきたので、少ピンPICや
中位PICからの〝逆襲〟かも……。ソースコードを大幅に見直し、削り、入れ替え、
まとめ、あっちやりこっちやりしましたので、しばらくは各種のバグが蟄動する
かもしれません。
 

24CXX

 投稿者:FENG3  投稿日:2009年10月 7日(水)09時33分39秒
  PICProg4U バージョン2.0.0以降で、

マイクロチップ社の2線式シリアルEEPROMのデバイス選択リストが正常に表示されない、
また、I2Cのオプションが表示されない問題が見つかりました。

今晩、修正しておきます。
 

PICProg4U 2.0.8

 投稿者:FENG3  投稿日:2009年10月 6日(火)03時43分43秒
  PICProg4U 2.0.8 を公開しました。  

レンタル掲示板
/54