五十狭茅宿禰という吉志(吉師・岸)氏の先祖は五十狭茅という名を垂仁天皇と交換した秦氏の王、弓月君

仏教カルトとキムチ民族に追い詰められ、公安警察にも世間にも助けて貰えずに頼れるのは己の血、血統とかのみ。 追い詰められた男が学者よりしつこい執念と鋭い閃き考察で見せる自らのルーツ、吉師(吉志・岸)氏に対する少年探偵コナンばりのファンタジーと冴え渡る究明! 神話と伝説に包まれたダビデ王家だけに関連のシュメール神話やオカルト、とんでも系も扱います。 『古事記』に吉師(吉志・岸)氏の先祖であると記されつつも、『五十狭茅宿禰(イソサチノスクネ)』を「イサチノスクネ」とわざと読ませるようにされるなど、手掛かり少なく正体不明にされた『五十狭茅宿禰(イソサチノスクネ)』と吉師(吉志・岸)氏一族。 だが、藤原不比羅が隠蔽させたものの、良心ある編纂者たちは手掛かりを遺してくれていた。 手掛かりとして『五十狭茅』という名が見られるのは、 垂仁天皇の諱(忌み名)のみ。 そして、垂仁天皇は気比の神と名前を交換したという手掛かりが記述されていた!? 気比の神とは天日桙のこと。秦氏の首長『牛の姫(木)氏』であり始皇帝の末裔の秦氏の王・弓月君のこと。 そして始皇帝はユダヤのダビデ王統キリスト末裔説もある。 己に出来る事は一つ終わった...さあこれでどうなる!水戸黄門のご印籠ちらり程度の効果はある筈!



キーワード: 「渡来人」「 古代天皇」「 先祖探し」 「歴史」「 ミステリー」「 オカルト」 「犯罪」「 被害」


1件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[1] 掲示板が完成しましたキラキラ

投稿者: teacup.運営 投稿日:2016年 8月25日(木)17時11分11秒   通報

ご利用ありがとうございます。

teacup.掲示板は
ダイヤスレッド作り放題右上
ダイヤ画像・動画・音楽の投稿OK
ダイヤケータイ絵文字が使えるv▽v
ダイヤRSS対応ヒラメイタ!
ダイヤかわいいケータイテンプレハートx2

足跡足あと帳はコチラ
スレッド内容は管理画面内「スレッドの管理」から編集できます。


レンタル掲示板
1件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.