teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


純白エンデューロ

 投稿者:ゆき  投稿日:2017年 2月12日(日)23時26分53秒
  ポーラーローたらいう極点的な気圧配置が秋田沖に停滞してくださったとかで、
まあ、ちょっとしたドカ雪。
本日も出勤。会社は河川敷。
たどり着く道筋は、純白のダート。軽四でエントリー。

でこぼこ山谷、ハンドルとられてもアクセル放すな。スタックが待っている。

うーん。ワイルドな通勤路でした。
 
 

おひょいさん

 投稿者:ゆき  投稿日:2017年 2月 1日(水)23時41分29秒
  先ほど、ご逝去の報に触れました。
すでに昨年、旅立たれていたと。

姿のいい方でらっしゃった。
ご冥福をお祈りいたします。
 

しゃこちゃんとしじみラーメン

 投稿者:ゆき  投稿日:2017年 1月21日(土)07時21分48秒
  あれ?
写真、も一回おくる
 

津軽

 投稿者:ゆき  投稿日:2017年 1月20日(金)21時19分25秒
  行ってきました。
 

北へ向かって

 投稿者:ゆき  投稿日:2017年 1月20日(金)02時34分51秒
  あじゃぎゃびよおおおっ!

とはウチナーの方々がびっくり仰天したときの叫び声と、
字面でしか知らないのだけれど、覚えてこの方、脳内ではちょくちょく叫ばせて頂いてます。

仕事上がりに北へ向かい、途中、吹雪。
真冬に車のブレーキを、「何の気なし」に踏むなんて、愚の骨頂。
ブレーキは、ブレーキ板を踏むのではない。
ふいごで空気を送るように、板の下に空気を包みまとめて丁寧に踏まなければあじゃぎゃびよ!

一回だけです。一回だけスケーターになりかけて、そのあとはきちんと覚えた。
むしろこのあと、ふいご使いの異名を誰かがくれる気になったら甘んじて受けてもいいと思うくらい、あっぱれなアイスバーン・ブレーキ使いだ。(自画自賛)

ところで海風吹き曝しの平野部から内陸へ入り、入り口の山を越えたら盆地は道路に雪も氷もなく、穏やかな天候になったので不思議。
本日は秋田県大館市。実家から107キロ地点(県境越えてない。100キロ走っても)の
ネットカフェからこんばんわ。
朝になったら、県境を越えます。
県境を越えて何しにいくかというと、
しじみラーメンを食べにゆくのです。
 

さむさむ

 投稿者:ゆき  投稿日:2017年 1月13日(金)01時21分28秒
  きっぱりこーんと、寒い冬。
秋田の路上はすべて立派なアイスリンク。
とはいえ、
あなたもわたしもユズ・ハニューというわけにはいかず、
ひとも車もそれなりへたくそなダンスをする日々。

車のブレーキは、空気たっぷりめの細かな踏み踏みで。
皆さま、ご無事な日々を!
 

明けましておめでとうございます。

 投稿者:ゆき  投稿日:2017年 1月 2日(月)17時42分20秒
  出遅れまして、ごめんなさい。
全国的に穏やかなお天気に恵まれたようですが、
皆さま、いかがお年をこされましたか?

昨日の続きの今日なのに、なにか新たまった、厳粛な感じがするので、
やっぱ、新年ってのはすごいです。

さあ、新しい年、
皆さま、張り切って参りましょう。

ご多幸、ご清躍、お祈りしております。


 

初夢

 投稿者:義兄  投稿日:2017年 1月 2日(月)09時40分49秒
  あけましておめでとうございます。
「上を見れば、きりがない。下を見れば、俺ひとり。」
そんな感覚で、今年も自分と向き合いたいです。
皆様方に、幸多き一年でありますように。
 

糸魚川

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年12月23日(金)01時27分46秒
  昔、糸魚川駅前のお寿司屋さんの大将がお客様で来てくださって
ゲンゲには7つも9つも種類があることや、
糸魚川の姫神様は天下の色男オオクニヌシノミコトから求愛されても逃げ続け(侵略されても抵抗し続け)、
糸魚川人のご先祖たちは、山谷を又にかけ、姫神様を隠し守り続けた誇り高き人々であったことなど
いろいろ教えて頂きました。

今はただ、
皆さまのご無事をお祈りしております。
 

(無題)

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年11月25日(金)11時45分14秒
  キタトーホクに、冬がきました。
 

差別

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年11月23日(水)01時01分9秒
  誰かを見下し軽蔑することには、ある種の快感が伴います。
ただ、見渡せど私の周りには尊敬できる人間と猫と自然としかないので、
この快楽は、ふだんあまり味わえないものごとです。

時には、すかっと、誰かを差別してみたい。
野蛮な欲望がうずきます。
私がぐうの音言わせたいのは、
たかだか人種や階級や貧富の違いごときで誰かを自分の格下だと思い込んでるバカ。
きょうび、なかなか出会えないのですが、
あきれるほどの大物がいた。

やった!
大義名分できたぞ!
さあ、これから海をまたいでお隣の国の次期大統領を、
心行くまで差別することができるぞ!

念願叶ったのだけれど、実は、思ったほど楽しくない。
ひとを悪しざまに思うと、自分の体の方が、
吐きたかったり、肌にぷつぷつできたり、困ったことになる。
地球上のどこの方も、自分以外のひとを、あんまり虐めない方がいんじゃないかな、と
これは老婆心。

アドルフ・ヒトラーはクーデターを起こしてドイツを乗っ取ったのではなく、
選挙で選ばれたイキモノでした。

 

お月様

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年11月16日(水)21時31分54秒
  月齢17日目は立待月。
薄い雲をベールにまとう貴婦人。
でもご本人がとんでもないベッピンだから、ベールはあくまでお飾りね。

岩手県岩泉から、こんばんわ。

台風10号で、夏、大きな災害を受けた場所です。
なんでいるかと云うと、
話せば長い。
また後日。
 

寒い夜

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年11月 7日(月)22時47分58秒
  まずは、10月25日の秋田県南部山間地の紅葉をご披露。
今年は暑さの巻き戻しもなく、平野部でもとんとん秋がすすみ、あさっての予報は雪です。

横浜支部、
かわづ様、そちらはこれから、ぴゅうぴゅう冷たい乾いた風が吹き荒れる季節なのかしら。
こちらはぴゅうぴゅう湿った風、冬バージョン始まりました。

昔、サンアントニオにお勤めしてた頃、
「おうよ!飲み行くぞ!」
と、おやっさんに連れられでかけることがありました。
よく行ったのは、
R国・S町店のムツオさんのとこ。
「おうよ!ちんちんに熱いの持ってこぉい!」

うちのお師匠は、どこに行っても立派にがらがらよく通る声。
注文は、いつだって決まっていました。
ベリーホットな、T山二級。

かわづ様。
シールが変わりましたか。
ものごとは変わらなくてはならない宿命であっても、見送る側は、
やっぱ、切ないですね。
ただ、うちのお師匠は、「なんにゃ、表書き変わったがか。味は、どあいよ。」
味も変わったなら変わったなりに、ラベルだけ変わったなら変わったなりに、がらがらとお説教してたと思う。
その間に弟子がしてたのは、

「大根と玉子、おかわりください」
 

横浜支部

 投稿者:かわづ  投稿日:2016年10月23日(日)22時04分47秒
  関東は、急に涼しくなってきました。

夏場は暑いので、飲みきりに日にちがかかる一升瓶は控えていたのを、
解禁に「立山」を調達にいつもの酒屋に。

いつも置いている場所を見ると、「違うお酒?」が置いてある?
んーーん、私以外あまり買う客がいないので、さては引くのを止めたのかな?
と思い、でも置く場所を変えたのかな?と見渡すが、見当たらない。

しょぼん! としながら、元の場所をよく見ると、「立山」の文字が。

ラベルのデザインを一新してました。
思いおこせば、コンビニに置いてある
「立山」の5合瓶のデザインもお洒落に変わっていた?

店主に「今までのラベル方がいいのに」と言いながら、
「やっぱ、若者うけで変えたのですかね?」と言うと、

「普通酒」「本醸造」「特別本醸造」と種類が3つ

 なんとも、「本醸造」と「特別本醸造」との区別がつきにくいと
 苦笑、結果「特別本醸造」を今まで置いていた、「本醸造」に代え陳列(同じ値段で)。

 私はそれを購入し帰宅。

 そうそう、私の職場は東京・日本橋にありますが。
 三越デパートの道路を挟んで向かいに、「富山の物産館」が数か月前にオープン。

 有楽町まで行くことにならずに済んだかなと思いも、
 私の目当ての「勝駒」は「只今在庫を切らしています」の表示で、
 いつ覘いても入手出来ない始末。

 やっぱ「有楽町」かな?と・・・

 食、飲、には貪欲の私にしてみれば(待つことが嫌い)

 秋の夜長、酒にうつつをぬかしたい季節です。

 そうそう、月末10/28から神田の古本市が始まります。

 横浜支部・河津





 

岩手某所よりこんばんわ

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年10月13日(木)02時35分14秒
  ○ーソンの灯りがこんなに嬉しかったことはありません。
22時30分秋田出発。0時雫石道の駅にてお弁当タイム。大都市盛岡を通過し国道455号線。山道をひた走り2時00分、前方に全国お馴染みのコンビニ看板を見かけたときの有り難さ。寝酒を買いがてら本日の目的地の道順を聞き、
2時15分、フィニッシュ。無事到着。ちょっと酒飲んで、ちょっと煙草吸ったら、寝ます。

星がまじめに手が届きそうに近いです。
 

しゃこちゃん

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年10月 6日(木)16時47分33秒
  言い切っている姿勢に、好感を覚えました。
 

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年 9月29日(木)04時22分1秒
  岩手県宮古市からこんばんわ。
ん。今日は8時に起きなきゃならんのに、まだ寝てないのは、いかんことです。
秋田から宮古までは、だいたい200キロ。
ぴーと西から東へ線を書いた感じ。
22時ちょっと過ぎに出発して、2時15分に到着。
えっへん。
いいタイムだと自画自賛。
途中、こちらはまともに黄色車線で働くお車の後ろを追随してるのに、アップライトで寄せてくる下品な後続車がおり、
ようやくの登板車線で先行を譲って差し上げた。
そしたら思いの外、その方、のろかった。
同じ進行方向なら、以後90キロ、上品にあおり続けて差し上げようと思っていたら、
残り40キロで、ほんとに上品な方が、間に入った。

片側通行で5分の信号待ちを前に、上品な方はその手前から、後続の私のために、ハザードを点滅してくださった。
真夜中の三桁国道。
なぜ片側通行の信号があるかというと、
先の台風で、
今はとても穏やかな川が、ごっそり道路を削っていたからでした。

上品な方と私が、信号で待つ待つ直前、下品な方はさっさと先に行きました。
まあ、向こう様も、急ぐ理由があったのでしょうし、彼へのむかつきから私はその地点までの速度を上げられて、おかげさまで目的地まで、事前想定よりはやくたどり着けたので、
どこの誰もが万々歳です。
しかも途中で、己の浅ましさに気づかせてくださる、上品な方との一期一会もありました。

愛車の中で、朝まで眠るこの夜。
外ではパラパラ、優しい雨が降っています。
天の自然。大地の自然。間に流れる水の自然。
そういうカミサマたちを前に、人間も、ありんこと同じにちっちゃいです。

でもね
だけどね
それでもね
が、あります。

だからこそ、かな?
 

台風が近づきつつある横浜支部

 投稿者:かわづ  投稿日:2016年 9月20日(火)22時59分19秒
  いいもの、
魅かれるもの、

誰かが見守っていて、
誰かが見ていて、
育ち、成長していく・・・

勉強になりました。
 

岩泉

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年 9月20日(火)01時20分0秒
編集済
  かわづさま、お久しゅう。お元気ですか?

名酒が姿を消すのは残念なことです。
うちのお師匠も、好きだった酒です。
同じ蔵元で、ご愛飲のお酒とめぐり合われて、なによりでした。
先のテレビ小説で、実は初めて知りましたが、(不勉強がばれる・・・)
アサヒさんはもともとニッカさんの初代の頃から支え続けていた会社だとか。
合併の際には、ビール屋さんがウイスキー屋さんをお金で買うなんて、と
すいません。事情も知らずにいい思いを抱かなかった。
でも、今もお酒の作り手の魂や、ブランドとしての精度は守られて継承されている。
日本のお酒造りの魂が、生身の人間の想いによって継承されてゆく。
何も知らんもん(Just Me・おいらのこと)が変なことを勘ぐっても、
関係なく、一番大切なものを守る方々の矜持に、今更ですが、

申し訳ありませんでした。失礼を幾重にもお詫びし、
今後のご発展をお祈りいたします。


さて、本日は盛岡のネットカフェからこんばんわ。
岩手県社会福祉協議会さんのお手配で、先の台風10号で被害に合われた岩手県岩泉町にお伺いしてきました。
私は、ひとさまのお世話してくださるツアーにのっかり、ほんの数時間、お手伝いのまねごとをしてきただけです。
しかもその後、スーパー銭湯にゆったりつかり、盛岡じゃじゃ麺をちいたんたんまで堪能し、今夜は山ほど漫画を読み、明日岩手観光をして帰るのです。
何しにきたのかというと、私の人間としてのおさとが知れます。
その程度のイキモノです。
ただ、
美しい人間を、たくさん見ました。
そして、お世話になりました。
ありがとうございました。

山間部の生活道路は、おおむね川に沿っており、
川が本来、お住まいの皆様にとって、かけがえのない恵みの存在であると察せられました。
今日の川の流れは穏やかで、
まさか、あんな高いところの橋の手すりが折れるなんて、
まさかあんな太い木が根っこを上に流されるなんて、
代々、幸せに暮らしていた家が、まさか、

ありえないと言ってしまえればよいのですが、
現実に、おそろしいことが起きた後でした。

関西の震災の際に立ち上げられた団体の方が、熊本から駆けつけておいででした。
あさって大学の夏休みが終わる学生さんたちが、ここ数日しみついた泥まみれの作業着で、獅子奮迅の活躍をしてらっしゃいました。

味わった痛みや苦しみ、恐ろしさは、当のご本人にしかわかりません。
それを替わって差し上げる術は他人にはない。
それでも、
一緒に生きよう、と言うことは、できる。
ひとりじゃないよ、ほっとかないよ、と。
それは必ず、大変な想いをされている皆様のお心に届くと信じる。
なぜならば、

私みたいにちゃらんぽらんな人間と比べてはいけませんが、
私が、るばいやぁとにきてくださるお客様おひとりおひとりに、
救われたことが事実だからです。

皆様に、いつも思うのが、

生まれてきてくださって、ありがとうございます。
私と会ってくださって、ありがとうございます。

ということです。


皆様、
明日もその後も、
あなたが幸せなら私もおかげさまで幸せです。
いつでもそう思ってる。
今後とも、よろしくお願いいたします。

         吉田 幸江



 

横浜支部

 投稿者:かわづ  投稿日:2016年 9月18日(日)01時21分10秒
  横浜支部のかわづです。

夜中にケーキをパクつきながら、
ウヰスキーを少々。

いつの間にか 私が愛していた、
「The Blend of Nikka」 が市場から消えていました。
しかし、酒屋を回っているうちに
この春、「FROM THE BARREL」に出会い、
愛用しています。

ショットグラス片手に、チェイサーも忘れず、
たまに、ウヰスキーにひたってます。




 

9月

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年 9月13日(火)01時50分47秒
  うちのママハハの命日が近いので、本来だったら富山に行ってる日付。
残念ながら、今年は、お仕事の都合で行けません。

ですから、
心の力で、だっこ&ちゅーを送ります。

んぱあああああっ!


・・・誰じゃ、本気で逃げとらっせるのは。

 

本日の十和田湖

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年 8月31日(水)21時25分56秒
  紫明亭展望台からの写真と、乙女の像手前の烏帽子岩の写真です。

 

台風

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年 8月31日(水)03時48分26秒
  COOL-F様、お久しぶりです。
房総半島にご親戚がいらっしゃいましたよね。今回の台風はご無事でしたでしょうか。

皆さまの地元も、ご無事ですか?
温帯低気圧に変わったそうですが、まだ安心できません。
通過中の方、ご無事を祈ってます。

中心が八丈島にある一昨日のうちから、古傷探知機が気圧の変化を感じてました。
秋田は直撃を免れたのですが、本体が青森方面を通過していくときにはさすがに風が強くて、
古傷以外もうぞうぞしました。

単位のお話をしていたところですが、
いやはや、人間レベルの単位じゃ、及びもつかないもんを、自然は持っている。
だが、近年、今まで聞いたこともないレベルの気象現象が増えたのは、
自然にとっては当たり前のレベルなのか、
人間が自然をいじりすぎたから変なことになっているのか、
どちらなのでしょう。

ちなみに誰も聞きたくないでしょうが、現在の私の体重は小錦1/4から1/3に近づきつつあります。

 

単位といえば

 投稿者:COOL-F  投稿日:2016年 8月17日(水)23時19分23秒
  そういえば、小錦何人分という単位もありました。

1小錦=250Kgでしたが、小錦関が引退して、この単位は無くなりました。
私は、今でも使ってますが(^_^.)

たしか「東京ドーム○○個分」の以前は、「後楽園球場○○個分」
だったような気が・・・

あっ、同じか!
 

単位

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年 8月16日(火)00時51分47秒
  よく、世の中で、
大きさは「東京ドーム○○個分」
という表現があるが、
東京ドームがどれだけでかいのか実感がないのでよくわからない。
ちなみに4年前の私の職場、大潟村は、少なくとも山手線は丸ごと入る広さである。
山手線が、一番狭いとこで4km弱、広いとこで8km弱の輪っかなら、確かに楽々入っちゃう広さだ。
 

オリンピック

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年 8月 7日(日)01時34分18秒
  職場の、19歳新人さんが、
「世界は明日にでも終わればいい」
と発言したのだそうで、それを聞いた30歳の上司がおののいてしまった。

「若くないですよね、そういう考え方」

上司よ。
むしろ若いときにしかそんなこと考えんぞ。

あ!と言ってる間に正月から真夏になってるお年頃には、
もう、時計の秒針を読むのもめんどくさい。
少なくとも46年ちょっとの人生で、世界の終わりを見たことは一度もないから、
まだしばらく続くであろうと認識しておる。

時は巡り、世界は動くし、ひとは死ぬし生まれる。
誰かのために何かしたいと思っても、
自分の程度の中でしかこなせない。
困ったり辛かったり苦しかったりする他の誰かの身代わりになってあげることはできない。

できることとできないことを、ひしひし思い知らされるのが日常だ。
でもね。

♪そーらーを自由に とっびたいな!(すいません。どこの組織にも払うお金はありません)

夢や願望があったら、あると言う権利は、誰にでもある。
そして実行する権利も。

やるだけやった後に、老後を過ごしてもいいじゃない。

ん。なんでタイトルがオリンピックかというと、1998年の長野オリンピックに、個人的にとても下世話に思い入れがあるからです。

オリンピックが悪いわけではない。
単に、恋路の邪魔されただけです。

だが、今日の開会式とか見てると、
関わったひとみんな、そのまま怒涛の勢いで、ハッピーになってもらいたいと、
つい、想ってしまうぢゃないですか。

世界中の笑顔が見られるお祭り。
世界中のアスリートさんが、
マイナスをプラスに変えるために誠心誠意を尽くすお祭り。

お祭りって、
プラスのパワーでマイナスをプラスに転化しちゃうためのものだと思うのです。

さあ、リオに集まったプラスパワーで、どんどこ世界を変えてきましょ!

生きてるから、世界を変えられる。
世界が終わってたら、できんよ。

 

命日

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年 7月16日(土)04時46分35秒
  今から33年前のお話です。
私は尊大なガキだったので、いろんなことに無造作でした。
今でもあんまり変わりません。

7/16は、私の大切な兄貴の命日です。
バイクで、いつものカーブを曲がり損ねたのだらしい。

ちょうど、バイク乗りのヘルメット着用が義務づけられる直前で、
つけてなくて首の骨をぽっきりいっちゃった兄貴は、
ほんの一週間、地元新聞のさらしものになりました。
うん。
1週間署名記事を書いた記者さんがいたな。
イマドキの若いもんが抱えるモンダイと、今の社会じたいの問題とを、
筆が乗ってたんでしょうなあ、
イキヨウヨウと書きなぐっていた。
人生って、できれば長く生きた方がいいな、と、この年になると思います。
新聞記者さんにだって、各々人格があるということが理解できるようになるまで、
けっこう時間がかかりました。

兄貴はちょっとずっこけただけでしたが、
イモートは、
うーん。
バカにはショックが大きかった。
どうにかするには、

憎む・蹴とばす・乗り越える

というプロセスが必要だった。

いつか必ず蹴とばしてやる。
最悪の日付を、いつか必ず最高の日付に変えてやる。
いつか、いつか、いつか必ず。

そう思い定めて14年後の7/16
るばいやぁとは開店しました。

我ながら、おばかだなあ、と思います。
憎しみなんて、心に火を灯す着火剤に過ぎない。
できれば、違うもので心に火をつけてください。
後から思っても、誇らしいように。

33年前。
誰かを、何かを、この先愛せるなんて、信じもしなかったな。

だから、皆さま、もし、お近くに、性格も根性も生き様も悪いばかをみかけたら、
それでも、
生きてていいぞ、とだけは思ってやってください。
もしかしたら将来、いごこちのいい店を開くかもしれない。

さて、今日は、竜胆の花をデートのお伴に。

htt

 

(無題)

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年 6月27日(月)22時27分19秒
  本日の休日は、県南部へ。
ちなみに、なげる=捨てる、ごしゃく=叱る、です。
お顔は、にかほ市が世界に誇るご当地ヒーロー、ネイガーさまですの。
知らないわるいこは、各自ぐぐっと要検索。

元滝。
溢れてるのは、鳥海山の伏流水です。
ん?
紫陽花の中にいたバッタ、撮れてるかしら?

よい季節です。
道でバイクとすれ違うたび、乗り手の年齢が気になってならない。
ほぼほぼ自分と同世代かちょっと上。
メット被ってライダースーツ着てても、
だいたいのお年頃はわかります。

私は、タイヤが四個買えるまで、二輪が長かったけどなあ。そういう意味で乗ってる若い子も見ないなあ。
ちょっと、感傷。
 

夕焼け

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年 6月26日(日)22時35分36秒
  通常、仕事上がりは夜の10時。
このたび珍しく7時上がりのシフト。

秋田では、海に日が沈みます。

ぎりぎり直後映像。

脇に見えるの、男鹿半島だがね。

ついでに、撮影地点で確実に一番えらいひとのスナップ。
 

くまこ

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年 6月17日(金)00時41分1秒
  この頃、秋田ではくまこと人類の遭遇が相次いでいます。
実は、おととい、両親とわたくしも遭遇してしまいました。

秋田の県北、大舘から小坂町を通り十和田湖へと向かう、通称「樹海ライン」
正直なはなし、その姿を前方に認めたときには、なにかの冗談だと思いたかった。
そう。人間の脳みそって、現実を目の当たりにしているまさにその瞬間、
現実を、自分に都合のよいように解釈できる要素を、必死に探してきりきり労働する。

うわあ。なんか黒いもん、道に落ちとっわ。
んー。落ちとるんと違ちゅかかねえーえ。二本足で立っとらっせるわ。
立って1mくらいかの。きょとんと、こっちを見とらっせるわ。

んー。違うといいな。違うといいな。・・・違わないわよ、くまだがね!

森の中だがね。
熊だがね。
ある日はこなくてよかったがね。

きょとんとこちらを見ている熊こちゃんには、
確かに人類の心を萌え立たせる穢れのないキュートさがあったが、
あんたのバックには、自然界一おそろしいお母さんがついとるがね。
あんたのお母さんの母性愛に、
お目にかかりたくなどありません!

お父ちゃん!車止めてはなんね!
おらたち人類は、しずしずと、しずしずと、
ここから逃げるのだは!

私たちが、くまこの脇を徐行して、そのさきへとんずらできたことが、
くまこにとっても私たちにとっても、幸せなことだったと知ったのは、
夜のNHKニュースを見たときでした。

秋田県内の高速道路で、
出てきたくまこ、はねられて、ご寿命。
すいませんが、秋田自動車道って、ほとんど逃げ場のない対面一車線です。

人間が霊長類だと言ったのは人間です。
霊長類が偉いと言ったのも、人間です。
一緒に生きてる他の種族より、総合的に、ほんとに偉いのか、おらは知りません。
偉くても偉くなくても、
あんまり関係ないと思う。

ただ、今回、
「わかりあうための相互のあゆみより」
なんてかけらも思い浮かばず、
「やばい!」「逃げろ!」「バイバイ!」
しか思わなかった。

まあ、ナウシカになれないことだけは、確認しました。
 

レンタル掲示板
/28