teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


益々増す信頼度

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2019年10月16日(水)08時56分36秒
   全日本選手権W21Eは増澤すず選手が優勝。男子選手権者は筑波大OB(18年目)、女子選手権者は筑波大現役生という結果となった。最近の増澤選手は難所とされるテレインを次々に攻略している印象がある。他の選手とは違った何かをつかんでいるようだ。さらなる高みを目指し、国内女子オリエンテーリング界を引っ張り続けて欲しい。

  https://mulka2.com/lapcenter/lapcombat2/result-list.jsp?event=5593&file=1&class=1
 
 

年齢の話題

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2019年10月15日(火)21時04分4秒
   昨日全日本選手権で入賞した入江崇選手は、大学生時代に大活躍しつつも故障による長い休止期間があり、近年になって復活を遂げた選手だ。今回の入賞が全日本選手権での初入賞。「46歳10ヶ月(と3週間)でのM21E初入賞」という記録はしばらく破られそうにない。  

全日本大会終了

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2019年10月15日(火)08時49分44秒
   今年の男子全日本選手権者は41歳5ヶ月の小泉成行選手に決定。10期ぶりの選手権獲得は、松澤俊行の8期ぶり獲得を超え、鹿島田浩二選手の12期ぶりに次ぐ記録。また、年齢面でも松澤俊行の39歳8ヶ月を超え、村越真選手の42歳10ヶ月と41歳10ヶ月に次ぐ3位の記録となったと思われる。女子は多分加納選手か誰かがそこらの記録を持っていることだろう。(誤りに気付いた方はご指摘をお願いします。)
 約1ヶ月ぶりにCLも開催されたが、2対1でL軍が勝利。これで今季成績はL軍から見て8勝4敗4分となった模様。こちらの記録も近日中に整理したい。
 

悠々として急ぐ

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2019年10月14日(月)08時16分11秒
   緒方さん、熱いご支持のコメントをありがとうございます。
 ひとまず、今日はロングへ対応することに集中しなければならない。「急がば回れ」の本場・滋賀県でのレースだけに、的確なルートを見抜いて難テレインを駆け抜けようと思う。
 

ミドルの季節

 投稿者:緒方賢史  投稿日:2019年10月14日(月)00時07分40秒
編集済
   直近に開催されるミドル大会としては、管理人が挙げられたもの以外にも、主催者自ら「微地形をふんだんに使った実行難度の高いコース」と宣言する(プログラム参照)関西学連第2回定例戦が、同じ滋賀県で行われる。その翌週には、今年全国からの熱い視線を浴びる新潟県における新潟大学2日間大会(2日目がミドル)もあれば、2日続けてニューマップという贅沢さがそそる関西WMGリハーサル2日間大会(15日が申込締切です)も行われる。このように各種各様な大会参加の機会に恵まれるのは、実にありがたいことです。
 ところで、農工大大会のHPを見たところ、「ルート解説」「上位者ルート紹介」「コースのこだわり紹介」といったアフターサービス資料が掲載されており、参加しなかった者でも大いに楽しめた(もちろん、参加した人の楽しさには及ばない)。このような大会のMES優勝者こそ、実質的本年度ミドル選手権者と称されるべきことに、おそらく異論は出ないであろう。
 

爆愛宣言

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2019年10月13日(日)17時36分56秒
   「ニシプロMAP愛読者賞」という賞があるとしたら、自分は有力な表彰対象候補者である、と自負している。明日も持ち前の「愛ある読み」を存分に発揮したい。  

大空位時代

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2019年10月13日(日)11時03分17秒
   全日本ミドルは中止。2年前も決まらなかった男子ミドル日本選手権者は、3年間で1人しかいない貴重な存在となる。(その貴重な男の名は「結城克哉」である。)
 正式には不在でも「実質的な今年のミドル日本選手権者は誰か」と議論したくなるのがマニアというもの。同じテレインで行われるのだから、キャリーオーバーされてロングの優勝者が実質二冠王、とする見方が大勢だろうか。近い日程に隣県で競われる東海選手権(20日に下呂市「四美の森」にて開催)の選手権者がその座にふさわしい、という考え方もあるだろう。クラス名に「E」の文字が含まれる農工大大会MES優勝者も捨てがたい、と主張するのは少数派か。
 こんな具合に好きなことを考えていられる状況と、開催に向けて尽力する運営者の方々に感謝しつつ、明日を迎えたい。
 

一本に懸ける

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2019年10月11日(金)21時04分38秒
   滋賀パークOと全日本ミドルが中止と決定された。西村徳真プロデューサをはじめとする関係者の無念はいかばかりか。体育の日には全国の愛好者たちが無事で変わりなく会場に集まり、荒れることもなかったテレインを縦横無尽に駆け巡る良い大会となるように祈る。  

むべ山風を

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2019年10月10日(木)20時21分6秒
   明後日開催されるJOA公認(カテゴリーS)滋賀パークO大会で、「茶の間」管理人は裁定委員の責を仰せつかっている。

  https://japan-o-entry.com/files/event/2a0297c40435f0d0c07d1ad4174a4626.pdf

 かつて「茶の間」管理人が実行委員長を務めたJOA公認(カテゴリーS)三河OLC大会が、台風接近により中止されたことがあった。もちろん12年も前のそんな話は、明後日の大会に何の影響も及ぼさない。
 

進む対策

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2019年10月 8日(火)21時29分44秒
   「赤城」で全日本や学生選手権向けにロング対策練習会が行われた。「桃の種は大きいトリオ」と称された3人のトップ学生競技者の内2人が愛知県にいた裏で、残る1人の桃井陽佑選手はこの練習会に出走、復調傾向にあることを示している。

  https://mulka2.com/lapcenter/lapcombat2/result-list.jsp?event=5582&file=1&class=2
 

レンタル掲示板
/313