teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


要検討事項

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2018年10月16日(火)19時14分39秒
   オリエンテーリング・コムを確認すると、少し前までJOA公認「関ヶ原ミドル」とされていた大会が、地区学連代表選考会へと変更になっている。関ヶ原ミドル名義の時点では今季CL最終戦となるとの合意が両軍間でなされていたが、全国区の大会ではなくなったとなると、別の大会を最終戦とする案も浮上しそうだ。(過去2年間の最終戦は「全日本ミドル」「全日本スプリント」であり、ウォッチャーも全国各地から集めやすかった。)全日本リレー会場で監督会議を開かなければならないだろう。

  http://www.orienteering.com/index-j.htm
 
 

躍進の軍団

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2018年10月15日(月)20時33分24秒
   10月6・7日の北杜Oフェスティバル成績の詳細が公式サイトに掲載されている。ラップセンター上のリレー成績表も、確認作業を経て少々修正されたようだ。

  http://www.nishipro.com/7relay/2018/result.php
  https://mulka2.com/lapcenter/lapcombat2/relay-result-list.jsp?event=4854&file=3&relayClass=0

 松塾はミドル総合成績21位で、リレーは正規チーム中28位、その内のオーバー100ポイント対象チーム中4位、オーバー200ポイント対象チーム中1位。今後「日本30大強豪団体と言えば?」と問われた時、松塾の名を挙げても間違いではないことになる。この先の大会でも存在感を示していきたい。
 

こどもの国でおとなの走り

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2018年10月14日(日)19時53分21秒
   愛知スポレク大会が行われた。ミドルながら、多くのクラスで1km超の共通ルートチョイスレッグを含む多様な課題に満ちたコースが提供された。しかもその選択肢は「尾根上」または「スタートへの誘導の逆辿り」または「最寄の鉄道駅前通過」または「トンネル」という奇抜さであった。

  https://mulka2.com/lapcenter/index.jsp?event=4872

 男子最上級クラスの優勝は松井健哉選手。L軍の得点はこの1点に留まり、CL第16戦は2対1でC軍の勝ちとなった。今季のこれまでの成績は近日中に整理して掲載したい。
 

力を試す人々

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2018年10月12日(金)21時15分22秒
   愛知県競技力向上事業翌日には、毎年恒例の愛知スポレク大会が開催される。事業参加者たちは、早速練習の成果を発揮しようと意気込んで走ることだろう。「茶の間」管理人VSルーパー堀尾選手の対戦が実現し、CL第16戦も成立する見込みである。会場名が「こどもの国」ということで、全日本ミドル対策にもなる大会であり、結果に注目が集まる。  

さらに強化される人々

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2018年10月12日(金)19時38分5秒
   大会ラッシュのこの週末、全日本リレー愛知県選手団は競技力向上のための講習会(練習会)を行う。愛知県をライバル視する都道府県の選手たちも、彼らに負けないような取り組みを見せたいところであろう。

  http://www.aichiol.com/event18/2018_PowerUpSeminar/2018_10_13PowerUpSeminar2.pdf
 

体育の日のON砲

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2018年10月10日(水)19時51分8秒
   一昨日開催された二大市民大会の一つ、登別市民大会の結果が「Lap Center」に掲載されている。テレイン名(「ポントコ山」)は何ともかわいらしいが、出場選手たちは男女ともかなりのスピードで走っている。岡崎市民たちも脅威を感じているかもしれない。

  https://mulka2.com/lapcenter/lapcombat2/index.jsp?event=4862&file=2
  https://www.bojan.net/2018/03/24.html
 

松塾は女子の味方

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2018年10月 9日(火)18時58分44秒
   クラブカップの成績表を眺めていると、様々な発見がある。総合上位チームはいずれも女子をうまく配置している。女子を起用していない正規チームの内で「松塾」が何位になるかを確認したところ、東工大と麻布学園に次ぐ3位である。「松塾」に限ったことではないが、女子の勧誘と育成が上位進出の鍵となりそうだ。

  https://mulka2.com/lapcenter/lapcombat2/relay-result-list.jsp?event=4854&file=3&relayClass=0
 

CL第14戦・第15戦結果出る

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2018年10月 8日(月)18時21分5秒
   北杜Oフェスティバルで連日に渡って行われたCLの結果は以下の通り。
  第14戦トータスミドル 0対1 L軍勝利(L軍得点者:谷川)
  第15戦7人リレー   1対0 C軍勝利(L軍失点者:嶋岡)
 これで対戦成績はC軍から見て8勝4敗3分となった。今後CLとなることが予想される大会は、愛知スポレク、全日本リレー、早大大会、京大大会、全日本スプリント予選&決勝、関ケ原ミドル。(シーズンは過去2年同様11月に終了、最終戦は関ケ原ミドルと決まっている。)L軍がここから連戦連勝に転じる可能性も充分あり、まだまだ総合優勝の行方は分からない。
 

瑞牆ファンタジー

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2018年10月 8日(月)18時12分40秒
   土日の北杜Oフェスティバルでは、様々な名場面が見られた。素晴らしい舞台を用意してくださったトータス、ニシプロ両団体関係者の皆様に感謝したい。
 土曜日のミドルでは、「茶の間」が前日に予想した通りの展開が見られ、一部観戦者を喜ばせていたようだ。クラブ対抗試合の前とあって、他チームを利することがないよう記さないでいたが、土日とも設定者の名前がヒントとなるコースが組まれること(ミドルでは「大きな石」に置かれるコントロールが多数あるということ、リレーでは会場「西」側のエリアがふんだんに使用されること)も、「茶の間」管理人は予想していた。監督の勘が冴え渡った「松塾」チームはミドルで20得点を獲得、リレーでも繰り上げスタートなしに着実な継走を重ね、オーバー200ポイント対象クラブ中の1位を獲得した。
 来年は、松塾からの出走希望者が微増すると予想される。(この予想も当たるだろう。)塾内選考会の開催についても考え始めなければならないかもしれない。
 

瑞牆スペクタクル

 投稿者:松澤俊行  投稿日:2018年10月 5日(金)18時38分38秒
   明日のトータスミドル大会は、「あのトータス」が運営しているだけあって、Eクラスでは観戦者を唸らせる様々な演出が施されそうだ。スター種市選手がトップスタート、というのも注目を集める上で好材料である。
 種市選手を擁する東大OLKに限らず、学生たちの活躍が大会を盛り上げると予想される。筑波大学は、増澤選手が運営ということで大ベテラン山岸選手にWEクラスの命運を託しつつ、フレッシュスター小牧選手に全幅の信頼をもってMEクラスを任せている。小牧選手は、1分前スタートの肩で息する中年選手を涼しげな表情で仕留める展開を期待されるであろう。期待に応えて残酷かつ痛快なショウを見せ付け、地元山梨産のワインを片手に優雅に戦況を見守る観戦者たちをさらに酔わせることができるだろうか。

  http://www.nishipro.com/7relay/2018/files/fes2018_startlist_tortoise.pdf

 なお、CL第14戦もひっそりと行われる。
 

レンタル掲示板
/275